トップページ | 淡路島 淡路島2 »

2007年11月15日 (木)

淡路島 淡路島1

淡路島に関する基礎知識

淡路島・・・・一体どういうところなの?・・・淡路島に来たことがない人もたくさんいることでしょう。そう、あなたも淡路島というところをしっているでしょうか
よくご存知ない人のためにも、淡路島のことをよくしってもらおう、と、淡路島に関する地理や歴史、グルメなどについて、しってもらいたいと思います。
まあ気楽にやりたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

淡路島の地理について

淡路島の大きさから説明させて頂きます。まず、淡路島はなんと、本州など四島を除いて、面積は第7位の島なんです。実は島といってもそれなりに大きいんです。その大きさですが、南北に約40km、東西に約20kmに伸びています。四方は海に囲まれています(まあ島ですから・・)大阪湾、播磨灘、紀伊水道の海域に囲まれ、北端は松帆崎で明石海峡に面し、南東端は生石鼻で紀淡海峡に面しています。お魚、魚介類で有名ですね。その気候は瀬戸内海式気候に当たり、温暖だが雨が少ないです。

淡路の歴史と歩み

淡路島の過去なんて、大したことないだろう、そう思う人もいるかもしれません。でも、実は淡路島には非常に古い歴史があるのです。
実に驚くべきことですが、淡路島が最初にその名を歴史書でみることができるのは、『古事記』や「日本書紀」というふるい書物です。古事記では、淡路島のことは淡道之穂之狭別島(あわじのほのさわけのしま)と書かれ、『日本書紀』では、淡路洲と書かれています。また、その生まれは、伊弉諾尊(いざなきのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)の産んだものとされるなどとされています。
そして、江戸時代になると、淡路島は徳島の知行地となります。
以来、近畿地方の一角として発展しています。
さて、それでは淡路島のほかの部分についてみてゆきましょう。

トップページ | 淡路島 淡路島2 »

無料ブログはココログ