« 淡路島 淡路島1 | トップページ | 淡路島3 »

2007年11月15日 (木)

淡路島 淡路島2

明石と鳴門 淡路島の二つの魅力

明石海峡と鳴門海峡、この二つの海峡に淡路島は挟まれているのですが、ここにはそれぞれ大きな橋がかかっています。
まさか、知らない、という人は少ないと思います。多少は聞いたことがあるよ、という人がほとんどではないでしょうか?
淡路島の大橋??知らないよ、などという人のために、今からこれらの二大大橋について、解説をします。

まずは、明石海峡大橋について

明石海峡は、瀬戸内海東端に位置する淡路島と兵庫県明石市の間にある海峡です。
また、明石海峡の幅は、最狭部で3.6km、そして、その深度は約100mと非常に狭いです。そして、ここの海峡に潮が押し寄せることにより、最速7ノット(時速約13km/h)という、凄まじい流れが走ります。
明石海峡では満ち潮の時、反時計回りの渦が出来ます。渦自体は比較的小さいといわれていますが、潮の流れが特別であり、難所とされています。
したがって、明石海峡は、動力のない近代以前には海難事故が多発する難所でした。
しかし、明石海峡の特別な潮の流れは恐ろしく、怖いものだけではないのです。その潮の流れが様々な生態系をはぐくみ、多くの人に素晴らしい海の幸をもたらしています。
事実、1km四方の海の年間漁獲量は播磨灘は37.8t、一方 日本海は1t未満であり、ペルシャ湾は0.3tであるといわれています。明石海峡の潮の流れがはぐくむ天然のイケスが、こういった漁獲量を生み出すのでしょう。
また、古来より、夕日が美しく淡路島を望む風光明媚な地であり、万葉集、古今集、新古今集の頃より多くの歌人・俳人などに歌われてきたという歴史もあります。

« 淡路島 淡路島1 | トップページ | 淡路島3 »

無料ブログはココログ