« 淡路島 淡路島2 | トップページ | 淡路のグルメ食品 »

2007年11月15日 (木)

淡路島3

明石海峡大橋は現在世界最長のつり橋です。その全長は、3,911m、中央支間1,991mと、非常に大きいものです。
もう一つ、、明石海峡大橋は、ライトアップの美しさが有名です。ここでは、明石海峡大橋のライトアップについて簡単にふれておくにとどめます。

平日:春季は緑、夏季は青、秋季は赤、冬季は黄。

休日:緑と青。

時報パターン(正時):虹色。

時報パターン(毎30分):誕生石をイメージした色。

地元や国民的行事のイベントに合わせた色でライトアップされることもあります。


淡路島・・・南に架かる大橋

鳴門海峡は、淡路島(兵庫県南あわじ市)と四国(徳島県鳴門市)の間にある海峡です。播磨灘と紀伊水道を結んでいます。
あなたも聞いたことくらいはあるかもしれませんんが、満潮と干潮の時に、大きな渦潮が発生することで、鳴門海峡は有名です。
そして、この渦潮の大きさは、大潮の時には20km/hに達することもあり、渦の直径は最大で20mにもなります。非常に潮の流れも速いですし、渦潮も多きですね。
もちろん、陸や橋からもうずしおをみることはできますが、この渦潮を見るために、多くの観光船も運航されています。
ところで、20キロメートルという潮流の速度は、速度は日本でも一番速いんだとか。世界でも3番目というのですから、その速度がどれほど早いのか!!ということには、驚かされるばかりです。
鯛や蛸など鳴門海峡の魚は身がしまっていて味も濃いのは、やはり早い潮の流れによるのでしょうか。

  

次に、大鳴門橋について簡単にふれてみたいと思います。これは、四国と淡路島を結ぶ有名なつり橋ですが、その橋長は1,629m、中央径間は876m、幅は25m、主塔の高さは144.3mというもの。橋は上下2層式です。
大鳴門橋が二層式なのには理由があります。なんと、橋の下部には将来的に鉄道 (四国新幹線)を通そう、という計画があったのです。しかし、その可能性はなくなりました。なぜだかわかりますか?
その理由は、明石海峡大橋が道路単独橋で建設されたためです。こうなると、神戸からの鉄道が大鳴門橋に通じることはありえません・・・。徳島県では開通時期の目処が立たない鉄道に見切りをつけ、変わりに、橋の鉄道空間に徳島県立渦の道を建設しました。ここはなかなか観光客も多く、鳴門公園の新たな観光スポットとして人気を集めています。

« 淡路島 淡路島2 | トップページ | 淡路のグルメ食品 »

無料ブログはココログ